« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

クラブケーキ

Pc300002

パーティ魚介編。

もりさんは蟹が好きなので
今までに食べたことがないであろう
蟹料理をぶつける。
アメリカ生まれのクラブケーキ。

コロモは、ほんのり甘いコーングリーツ。
サクッとした歯ごたえの後で、
しっとり、ぎっしりの蟹の身。
シアワセに浸るのね。もりさん・・・。

マスタードをちょっとつけたり
ショウガ醤油をたらしたり
和洋どちらでも、どうぞ。


レシピブログに参加中

--------------------------------------------
●材料

A
蟹肉 200g
パン粉 1/2カップ
牛乳 生地の固さをみながら 適量
卵 1個
玉ねぎ(みじん切り) 1/4
チャビール(みじん切り) 適量
塩コショウ 少々

コーングリッツ 適量
オリーブオイル

マスタード


●作り方

1
Aの材料を混ぜ合わせて
俵型に成型

2
1にコーングリッツをまぶし
フライパンで両面を焼く
※焼き過ぎ注意です。
--------------------------------------------

| コメント (9) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

キノコとホタテの白みそキッシュ。

Pc300008


今回は、60代のゲストも
ちらほら来る予定だったので、
和テイストのものを考えてたら
白味噌とホタテにたどり着く。

白味噌がけっこうコクを出してくれて
チーズも使ってないのでローカロに仕上がったはず。
シャキシャキきのことホタテもいい感じなのね。

最近、人の好みの味を探るのが好き。
メニューの中から、
相手が注文する料理を、
ひそかに当ててみたり。

そろそろ気持ち悪い女の域まできてる。
ふふふ。


レシピブログに参加中


--------------------------------------------
●材料
キノコ(しめじ1 、えのき 1、えりんぎ 2、しいたけ 4)
ホタテ  7個
白みそ 大さじ1
卵 3個
白ワイン 少々
ナツメグ 少々
生クリーム 1パック
パイ生地 2枚

●作り方

1
キノコを炒めて
生クリーム、白ワイン、白みそで煮る
ナツメグをふる
少し冷ます

2
1に卵を混ぜて
少し冷ます

3
パイシートを型にしいて
1の具を流しこみ
ホタテも入れる

4
温めたオーブンで焼く

--------------------------------------------

| コメント (9) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

ピスタチオクリームとサーモンのテリーヌ。

Pc300024

テリーヌ運がない。
2011年のクリスマスも挑戦したけど
見事にバラバラ。

今回も出来上がりが、
想像してたのと違ってたので
このメニューはお蔵入りする所でしたが
味は抜群なので、
やっぱりみんなに食べてもらいました。

しっとりサーモンに
塩気のきいた濃厚でサクサクの
ピスタチオクリーム。
もうシロ目。

ピスタチオクリーム。
この天才的なアイデアは
ミササカナさんから。

飛んでいってもらえばわかるけど
彼女のブログ、とてもステキなの。
文章のテイストもお料理のセンスも
どれも好みで
写真にはため息をつくばかり。

今度はパスタでやってみます。
ありがと^^

 


レシピブログに参加中



-----------------------------

●材料

ピスタチオ 100g
スモークサーモン 100g
ディル 適量

卵白 2
生クリーム 1パック
白ワイン 少々
玉ねぎ(みじん切り) 1/4

●作り方

1
ピスタチオは殻から実を取り出しておく。

2
サーモンは数枚の残して、
残りは細かく刻む。
ピスタチオも細かく刻む

3
玉ねぎのみじん切りを炒め
生クリームの白ワインで少し煮込む

4
卵白でメレンゲを作り
3と合わせる

5
4は2等分にわけて
ピスタチオとサーモン
それぞれに加える
サーモンにはディルを練り込む

6
テリーヌ用の型に
サーモンクリームの流し
残りのサーモンで蓋。
その上からピスタチオクリームを流し
温めたオーブンで焼く

7
オーブンから出したら
冷ます

-----------------------------

| コメント (13) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

ベビーリーフと青リンゴとザクロのサラダ。

Pc300019


ちょっと冬っぽいサラダ。
プチプチのザクロとサクサクの青リンゴ。

ビタミンカラーが素敵でしょ。

ザクロの実を
気持ちよく取る方法、知ってます?

テレビでやってたんだけど
半分に切ったザクロを
実が下になるように持つ。
その時手はなるべくパーね。

そんで、麺棒で
ザクロのまわりを叩くのです。
気分はパーカッショニスト。

すると、ボロボロと実が落ちる。

音楽をかけてノリノリ叩く。

一人って楽しい。

 


レシピブログに参加中

-----------------------------

●材料

ベビーリーフ 適量
クレソン 適量
青林檎 1個
ザクロ 1個
ペコリーノロマーノ 削る 適量

[ドレッシング]
バルサミコ
白ワインビネガー
レモン
オリーブオイル

●作り方

1
材料を適当な大きさに切る

2
ボールに入れて待機

3
ドレッシングの材料を撹拌

4
食べる前に混ぜる

-----------------------------

| コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

鴨と下仁田ネギのカスレ。

Pc300034

忘年会メニュー、
いきなりメインから始めます。

お肉ラバーさんが多いので
肉肉しい逸品、カスレー。

冬と言ったら鴨でしょ。
鴨と言ったらネギでしょ。

パンチェッタやソーセージも
放り込みワイワイお祭り気分です。

主役級のお肉たちを
受け止めるのが
白いんげん豆。
そんで、これ、
旨味を吸っちゃって、
たまらんのです。

Pc300036




鴨の丸焼きやら、
出汁をとるやらで
出来上がるまで、まる2日。
達成感と旨さに酔いしれます。

あ、ワインおかわり。



レシピブログに参加中


----------------------------

●材料
鴨(中抜き) 1羽 
パンチェッタ 250g
ソーセージ 大きめ4本

ニンニク 2かけ
パン粉、
パセリ、
下仁田ネギ、
玉ねぎ 1個
白インゲン豆 400g

鶏ガラスープの素 2
白ワイン、
ローリエ 3枚
セロリ 1本
にんじん 1本
トマト缶 1
水 2ℓ

----------------------------

●作り方

1
鴨に塩をすりこみ
220℃で50分焼く

2
鍋に水と白いんげん豆をいれ
15分くらい煮る

3
適当な大きさに切った
セロリと人参とローリエを
2の鍋に放り込む。

3
パンチェタ薄切りし
フライパンで焼く
脂が出てきたらパンチェッタを取り出し
2の鍋の中へ放り込む。

4
パンチェッタの脂で
スライスした玉ねぎを炒め
みじん切りしたニンニクをいれさらに炒め
しんなりしたら、トマト缶を入れて煮詰める。
そして、また、2の鍋へ放り込む。

5
焼けた鴨を骨と身に分ける。
身はホイルにつつみ涼しい場所で寝かせる。
※脂は他の器にうつして保存。

6
鴨の骨を、また2の鍋に放り込み
弱火で煮込み、1晩寝かせる。

7
2の鍋から、セロリ、人参、鴨の骨を取り出す。
少し、温める。

8
下仁田ネギを鴨の脂で焦げ目をつける。

9
ストウブに2の鍋の具材を入れ
その上に鴨肉と下仁田ネギを並べ、
その上にパン粉とみじん切りしたニンニク、
みじん切りしたネギの青いとこ
スライスしたソーセージを並べて
オーブンで焦げ目。

----------------------------

ふぅー。

| コメント (15) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

鴨しょって帰る。

Pc300039

クリマスがやっと終わり、次は忘年会。
まだまだ2012年を引きづります。

ケーキは、キルフェボンのフルーツタルト
シンガポールから一時帰国してた
マイちゃんとココロちゃんが持って来てくれました。
ありがと^^

一年お疲れさまの気持ちをこめて
2012年に作ったレシピも織り交ぜながら、全14品。

献立です。↓

-------------------------------------------

[食前酒]
白桃・ブルーベリーのペリーニ

[前菜]

●キノコとホタテの白みそキッシュ
●ベビーリーフと青リンゴとザクロのサラダ 
フォアグラとパパイヤのブルスケッタ
●ピスタチオクリームとサーモンパテ

[お魚料理]
●クラブケーキ 

●海老のフリット
金目鯛のアクアパッツア

[お肉料理]
●鴨と下仁田ネギのカスレ

●トマトのファルシ挽肉詰め

[パスタ]

本格カルボナーラ
●キャラメリゼオニオンとトリュフのピッツア

[〆]

鯖スモークの出汁茶漬け
●大根おろしと三つ葉とじゅんさいとトマトの蕎麦

[お土産]

手羽先グリーンカレー

-------------------------------------------

メイン料理は、鴨。

仕事納めの前にデパートに寄り。
鴨を丸一羽買って、背中にしょって出勤。

602869_310851995682669_1635424015_n

大掃除→マックの初期化→こころ折れ鴨そば→帰宅。

264754_310870402347495_1818234180_n

さて、コツコツ書きますか。(ー人ー)


レシピブログに参加中

| コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

オレンジ・チョコ・アーモンドのタルト。

Pc220085

スイーツです。^^

マルシェさんのケーキを指を加えながら
眺めていたのですが、上の部分なら、
できるんじゃないかと。

カリカリのキャラメルアーモンドに
とてもノックアウトなのです。

チョコムースは時間がたったら
ただのチョコになっていた。
なぜ・・・。
素人の誤算(ー人ー)


レシピブログに参加中

Pc220088

クリスマスレシピはやっと終了^^

次回からは忘年会レシピ。
まだ手つかずなのよね。
いつ明けるのか、年・・・(ー人ー)

----------------------------------

●材料

チョコ 150g
生クリーム 100ml
グランマニエ  小さじ1

アーモンド 1/2カップ
砂糖 大さじ3
水1/2カップ

ミニタルト 6個
オレンジスライス 1枚

●作り方

1
生クリームを泡立て
湯煎して溶かしたチョコレートを混ぜる。
お好みでグランマニエを投入。

2
フライパンに水と砂糖を入れ火にかけ
大きな泡がたつまで煮る

3
2のフライパンに
アーモンドを加えて軽く混ぜてから
天板にひいてオーブンでカリッと焼く

4
アーモンドが焼けたら
少し冷まして
食べやすい大きさに割る

5
タルトに1のチョコクリームを入れて
上からアーモンドクランチと
オレンジのスライスをトッピング
----------------------------------

| コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

キノコとリコッタチーズのキッシュ。

Pc220076

ヘルシオも買ったし、
ここらでキッシュにチャレンジ。

金の角皿をくれたヨッシーと
ファロ資生堂でランチ。
きのことリコッタチーズを頂いて、
これ、私でもできるんじゃないの〜っと
根拠のない自信で焼いてみました。

Pc220079

まあ、ナカナカ。いいんじゃない。

でも、やっぱり、冷凍パイじゃ
あのクオリティにはならんね。

キッシュ名人といえば、父モグ。
父のキッシュは資生堂並に旨いと気づく。
料理にのめりこむようになってから
なんだかとても尊敬してる。
今度、レシピをそれとなく聞こうかと企んでいる。


レシピブログに参加中

----------------------------------


●材料
マッシュルーム 2パック
リコッタチーズ 100g
卵 4個
生クリーム 150ml
ナツメグ 小さじ3
塩 少々
ベーコン 50g
パイシート 3枚

●作り方

1

フライパンで玉ねぎとキノコとベーコンを

オリーブオイルでじっくり炒める。

2

卵に生クリーム、ナツメグ、塩で味付け。

3

パイシートを延ばし型に2枚しく。

4

1と2を混ぜたものを型に流し込み

オーブン220℃で25分〜30分くらい焼きます。
----------------------------------

| コメント (10) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

サーモンと林檎のマリネ。

Pc230092

ケータリングメニューを考案中に
サーモンのマリネをやろうと思ってたんだけど
なんだか、洗練された組み合わせが出てこなかった。

そんな中、葉っぱさんが、
サーモンと林檎のサラダを作っていて
これだー!さすがだー!

彼女旦那さんのブログの大ファンで
いつもお昼を食べながら覗くと
猛烈にビールを呑みたくなっちゃうのよね。

まったりとしたサーモンのマリネに
シャッキとした林檎。
これ、エンドレスで酒が進みます。

いざ、乾杯!


レシピブログに参加中


----------------------------------

●材料

サーモン 1サク
林檎 1個
マイクロトマト 適量
ディル 2本
白ワインビネガー 中さじ1
レモン汁 1/2個
オリーブオイル 大さじ2

●作り方

1

サーモンは食べやすい大きさに切り

オリーブオイル、ディル、塩でマリネ

2

林檎も食べやすい大きさに切り

レモン汁を搾って、変色を抑える

3

食べる前に1と2を合わせて

レモンをさらに搾ってトマトを飾る。

----------------------------------

| コメント (7) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

フォアグラとパパイヤのブルスケッタ。

Pc230101

その昔、ニューヨークのレストランで食べた
フォアグラとパパイヤのソテー。

この相性の良さに衝撃を受けて
かれこれ10数年たつのに
まだ覚えている。

Pc300017

ソテーした甘いパパイヤのコクと
濃厚なフォアグラの脂が出会うと、
万歳したくなるくらい旨いのです。

パンチのあるスターター。
さあさあ、ワインをおくれ。

----------------------------------

●材料
フォアグラ 80〜100g
パパイヤ 1個
バター 20g
バルサミコ 適量
バゲッド

●作り方

1

フライパンにバターを入れて
パパイヤをソテー

2

パパイヤに少し焦げ目がついてきたら

フォアグラを入れる両面焼く

3

フォアグラから脂が出てくるので

パパイヤに絡める。

4

トーストしたパンに

フォアグラとパパイヤをのせて

上からバルサミコジュレ。
----------------------------------



レシピブログに参加中

| コメント (14) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

グリル野菜とチーズメレンゲソース。

いやはや。お正月休みも終わり

一気に現実モード。

今年もよろしくねなんて言いながら

去年のクリスマスレシピです。

遅れ気味でごめんなさい(ー人ー)

Pc220082

野菜のグリルはパーティメニューのテッパンですが、
毎回アホみたいに作るのは、女がすたる。
冬らしく、メレンゲで雪見仕立てです。

野菜の歯ごたえに
シュワっとなくなるチーズ味のメレンゲ。
いいでしょ。

九州の郷土料理、辛子れんこんにヒントを得て
粒マスタードを押し込む。
穴が大き過ぎるのは上手にできなかったけど
かろうじて、小さめの蓮根にはいけました。
他の野菜とは、ちと性格が違う転校生的存在で
飽きずに食べれます。

Pc220080


ウチで写真用に盛りつけしたのは
この前頂いたヨッシーの金の角皿。
もふふ。すてき。


レシピブログに参加中



----------------------------------

●材料

ラディシュ 3 
ズッキーニ 1本
黄パプリカ 1個
レンコン 小2
アスパラガス 5本
カリフラワー 小1
卵白 1個
粒マスタード 適量
チーズ(ペコリーノロマーノ) 50g

●作り方

1

野菜はそれぞれ
食べやすい大きさに切る
レンコンは酢水につけてから

穴に粒マスタードをめりこむ。

2

鉄板にならべて
塩とオリーブオイルをまわしかけ
オーブンで焼く

3

卵白を泡立ててメレンゲを作る。
泡が潰れない程度に
分量1/2の削ったチーズをさくっとまぜる。

4

お皿に野菜を並べて
上から
メレンゲと残りのチーズと
パプリカパウダーをふりまきます。

---------------------------------

| コメント (12) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

あけおめきなこ。

Pc310052
↑もりです。

あけましておめでとうございます。
30日からもりさんと遊び続け
本日元旦は、もりさんと二人で実家に帰ります。

あ、つきあってませんからね(ー人ー)

Pc310049

いとこのおさがりの着物。
もりさんに着付けしてもらいました。
ナカナカ着物がいける歳になりました。

Pc310054

みなさま、今年もよろしくね。

| コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »