« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

メンチカツ。

Fp23



アベジイからのリクエスト。
NYじゃ食べれないメンチカツ。

というワケで、人生初のメンチカツ!

ゲストさんたちに
私がメンチカツ初挑戦だと告げると顔が曇る。

近所の肉屋のメンチカツ買っていこうか?
とさえ言われてしまった(ー人ー)

とはいえ、根拠のない自信で作ってみたよ。

ぶっちゃけ、揚げ物は得意じゃないので
心配だったんだけど
食べみたら、メンチカツの味。
自分でも驚いてしまった。

できるもんだねえ。

初物レシピはいつも
適度なストレスが・・・

でもできた時の快感。
料理っていいわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新玉ねぎのメンチカツと牛蒡のメンチカツ

[A]
合い挽き肉 800g
塩コショウ 適量
シナモンシュガー 小さじ2

牛蒡(粗みじん切り)
玉ねぎ(粗みじん切り)


パン粉
小麦粉

サラダ油

岩塩
ブルドックソース

1
Aを練り上げて半分にわけて
牛蒡と玉ねぎを半分づつ
それぞれの種に入れ成型

2
1に小麦粉→卵→パン粉をつける

3
フライパンにサラダ油を3センチくらいひいて
170℃くらいにあたため
種をそっとおいて、片面2分くらい揚げる。
ひっくり帰して1分。

4
一度パレットにうつし
余熱を入れ、
180℃に熱した油にふたたび。
カラっとなったらできあがり。




レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

| コメント (12) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

ふき入りチキンポットパイ。

Fp22



アベジイと春。
これは絶対山菜なのです。
日本にいなきゃ、食べられないもの。

一番出汁をとって、蕗を下処理して漬け込む、
そして、アメリカンなチキンポッドパイに変身。
作るのめっちゃメンドクサイんだけど(笑)
これがせめてもの恩返しってやつ。

蕗の筋を1本1本とってる間
育ててくれた感謝をこめるのです。

P4070015


ふき 6本
鶏もも肉 100g
小麦粉 大さじ2くらい
生クリーム 1パック 
パイ生地 2枚
一番出汁 200ml

塩 適量

1
ふきを適当な大きさにカットして板ずりして
3分くらい茹でて、筋をはがす

2
1を一番出汁に1晩漬け込む

3
鶏もも肉を焼いて、2の汁を入れる
生クリーム加え、小麦粉でとろみ

4
耐熱皿に、3と2のふきを入れて
上から冷凍パイ生地をかぶせ
オーブンで焼く(190℃15分〜20分)

[出汁の取り方]

1のお水に昆布を入れて
煮立たせる。
沸騰したら、かつお節を入れて
1分くらい煮る。
ザルで越してから好みの量のお塩を入れる。




レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

| コメント (11) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

ベジタブルガーデンと和風ジュレ。

Fp24


ベジタブルガーテン。
ちょっといいすぎかな。
ヒコリそうなのも我慢(ー人ー)

合羽橋で購入したコンテイナーに
刻んだ野菜を詰めてみた。




P4070004



開ける時のワクワク感もたまらん。

シャキシャキの野菜と
一番出汁と醤油と柚子で香付けした和風ジュレ。

ちょっと初夏な前菜なのでした。

P4070006



オクラ 3本 
ベビーコーン 5本
パプリカ(赤・黄) 1/4ずつ
胡瓜 1/2本

ディル(細かく刻む) 適量
大葉(千切り) 適量
一番出汁 適量
醤油 適量
柚子のしぼり汁 適量

粉ゼラチン

1
温かい出汁に粉ゼラチンを入れ溶かし
醤油、塩、柚子の絞り汁を入れ冷まして
冷蔵庫で固めたら、シェイク。

2
オクラは数分茹で、冷水であら熱をとり、
5ミリ程度にカット
他の野菜も5ミリ程度にカット

3
器に1と2をもり
大葉とディルをトッピング

[お出汁]

お水に昆布を入れて煮立たせる。
沸騰したら、かつお節を入れて1分くらい煮る。
フキンとザルで越してから好みの量のお塩を入れる。




レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

| コメント (14) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

鴨のパテとジャムとチーズ。

Fp21

私が初めて務めた会社で
副編集長だったアベジイが一時帰国。
彼を囲む会を、歴代の編集部の方々とウチで。

恩があるとはいえ、
パーティ前菜の1品目は
ものすごく手をぬく(ー人ー)

P4070009

kodamaハムで鴨のパテを買って
そのお向かいのチーズ屋さんでブリーチーズを購入。
近所のパン屋さんで良さげのバゲットを見つけて。
小野さんからもらったグズベリージャムを合わせたら
はい、できあがり。

甘酸っぱいジャムと濃厚パテとクリーミーなチーズ。
合うと思ったのよ。

人に力を借りて、酒の肴を奏でましょ。

P4070008



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鴨パテ 50g
グズベリージャム 適量
ブリーチーズ 適量
ディル 少々
バゲット 適量

1
適当な大きさの材料をグラスに入れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

| コメント (17) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

手作りケチャップとチキンラップ。

Fp20

いちおう、最近弁当女。

鶏胸肉を焼いたのを春巻きでラップ。

水と砂糖と塩を鶏胸肉に漬け込むと
これだけしっとりジューシーな仕上がり。

もうひとつ、オマケに
ケチャップもオリジナル。

P3200019

昔アメリカで旨いケチャップを
探しに出かけたことがある。
暇だったんですねー。
結局、究極のケチャップは見つからず
いつか、自分で作ってやろうと意気込んでたのを
思い出すなあ。(ー人ー)

P3200015_2

とはいえ、今回のケチャップは
トマトの角切り缶に砂糖と酢をまぜただけの
即席ケチャップだけど・・・
つぶつぶ感とフレッシュ感。
ナカナカのモノです。


レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




鶏胸肉 250g

[A]
水 1/4カップ
黒砂糖 小さじ1
塩 小さじ1

レタスorサンチュ
パプリカ(細切り) 1/4個

オリーブオイル 適量

[B]
角切りトマト缶 1/2カップ
砂糖 大さじ1
塩 小さじ2
酢 小さじ1

春巻きの皮 数枚

1
鶏胸肉にフォークで何カ所かさし
[A]とマリネ

2
[B]を器に入れ混ぜてレンジで
砂糖が溶けるまで加熱。
かき混ぜて、冷ます。

3
鶏胸肉をオリーブオイルで焼き
あら熱をとり、食べやすい大きさにカット

4
春巻きの皮に焼いた鶏肉と
野菜を巻いてできあがり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて。

天才はるちゃんに描いてもらった

料理してる私の肖像画で

ブログリニューアルしてみました。

今後ともよろしくお願いいたしまーす。

| コメント (14) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

ハムカツ食べて財布をなくす。

先週、晴れてお誕生日を迎えました(パチパチパチ)
撮影を終え、渋い居酒屋でバースデーハムカツをおごってもらう。
調子にのって飲み過ぎ、
次の日、目覚めると、財布がない。(ー人ー)

561413_354373431330525_431721419_n


こんな感じでブルーな週末がスタートしたのですが
友達がサプライズパーティをしこんでくれました。
40手前の方々が、
風船とパネルを持って我が家にやってきた。

164663_425625007534588_1765155563_n


同じ4月生まれの春ちゃんとパシャ。
スズキエーコによりガチャピンにされる私。

528392_425624270867995_32206641_n

みんな美味しいごはんを持ってきてくれました。

合成しにくいポーズを試みるけど
絶対ガチャピンにされる・・・


沢山のプレゼントと美味しいごはん、
みんなどうもありがとー^^

P4170007

愛するもりさんよりプレゼントの連発。
このお花は会社に届く。

P4170009

m&mチョコのネックレス。
本物みたいで美味しそうなの。

P4170011

マトリョーシカ狂いの私に
マトリョーシカチョコ。

P4170025

キノコのペン。
キッチンで使いまーす。

P4170017

アヤコリンから
パンケーキミックスとジャム。
ブリ大根も美味しかったよ^^

P4170019


かのちゃんよりラブリーな花瓶。
一輪刺しにかわいいでしょ。

P4170027_2

エーコより、レシピ本。
これでまた料理意欲が倍増。

P4170029

カオリンより、グリルチーズ焼き器。

P4170030

チーズを溶かしてパンにかけて食べる。
グリルチーズトースト。

P4170034

やばいでしょ。

P4170013

後輩ムロイちゃんより、
ハイセンスなクッキーが届く。
いつもなんかあると送ってくれてありがとー

P4170036_2

そんで、天才イラストレータはるちゃんから。
料理してる私の肖像画。
前々からお金を払って自分のイラストを
描いてもらおうと思ってたところ。

なんと、くれました。びっくり。

みなさん素敵な贈り物をありがとー。
ガチでアラフォーってのに突入。
がんばるよ!若づくり。


レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

| コメント (12) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

濃厚ペスカトーレ。

Fp19_2



ペスカトーレを頼むには勇気がいる。
なんせ、高い。
お気軽にランチで食べるには贅沢すぎるし
かと言ってディナーなるとさらに値段がはる。

ウチで作れないかなあ。でも大変そうだなあ。
と思っていたところ、
ガチのブイヤベースのリクエスト。
あの出汁、使える。むふふ。
レストランより濃厚なペスカトーレに
なっちゃうんじゃないのー。

P2240040


ブイヤベースの出汁にトマト缶と
さらに海老・イカ・アサリを足して
生パスタに絡める。

いやあ。我ながら。旨い。
酔っぱらっていたわりには
このまとめ具合。
我ながら・・・にんまり。



レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村


・・・・・・・・・・・・・・・

ブイヤベース出汁 適量
ニンニク 1かけ
オーリーブオイル 適量
白ワイン 適量
トマト缶(カットしたやつ) 1個
ディル 適量

[A]
イカ 2杯
有頭海老 4匹
アサリ 10個

生パスタ 2人前

1
パスタは茹でておく

2
フライパンにオリーブオイルひき
刻んだニンニクを入れ
弱火で香をだす

3
[A]の材料を投下。
白ワインを投下。

4
あさりの蓋がひらいたら
ブイヤベースの出汁と
トマト缶を入れ少し煮立てる。

5
パスタを投入。
ソースと絡めて
塩で調節。

6
好きなハーブをちらす

※ソースはあまり煮詰めず
ちょっと水分多めをキープすると
パスタに絡んで旨いっす。

| コメント (12) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

スペアリブのスモークとロースト玉ねぎ。

Fp18



桜チップを買ってから
何でも燻したくなる。

特に豚。

手作りベーコンに憧れているのですが
ウチには豚を寝かせる冷蔵庫も
長時間スモークできるベランダもなく。(ー人ー)

でも絶対燻してやるからなあ。そこのブタぁ!
意気込みつづけ、数ヶ月。
スーパーでスペアリブを睨む。

脂の乗ったスペアリブに
粒マスタードとローズマリー。
煙の絡みを良くする蜂蜜。
これを1晩漬け込み、
オーブンで焼いてから、数分ほど燻す。

スペアリブの脂がしみでて
粒マスタードに溶ける。

旨すぎ。

付け合わせも、これまた甘めのロースト玉ねぎ。
バターとオリーブオイルと塩。
そのままオーブンで焼き上げて
玉ねぎの甘みをひきだします。

ジューシーなスペアリブと
ジューシーな玉ねぎ。
たまらんでしょ。これ。






レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




・・・・・・・・・・・・・・・・

スペアリブ 700g
A
粒マスタード 大さじ2
ローズマリー 3本
醤油 大さじ2
塩 適量
蜂蜜 大さじ2

1
スペアリブをAの材料とあわせ
一晩漬け込む

2
オーブンでスペアリブと玉ねぎを焼く

3
サクラチップで燻す

[ロースト玉ねぎ]
小玉ねぎ 10個
バター 10g
オリーブオイル 大さじ1
塩 少々

1
耐熱皿に全部いれて
オーブンで焼く

| コメント (14) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

青林檎マッシュと海老のパイ。

Fp14


ある夜。師匠からLINEがきてビックリ。

「青林檎と枝豆のマッシュポテト」の指令。

爽やかなライトグリーンのマッシュポテト。
試さずにいられない。

よし、グリーンマッシュと海老パイを合体するぞ!
と意気込んでいたら、
やちゃmaruさんが芝海老のパイをやってて
これまたビックリ。

やちゃmaruさんも師匠も
お魚釣って、さばいて、お料理する
凄腕スーパー主婦。

私の中で点と点が繋がった気分なのでした。

P2240012



3層になった海老パイ。
一番下がサクサクのパイ
真ん中がさわやか青林檎のマッシュポテト。
一番上が、ちょっとスパイシーな海老グリル。

甘いのと、爽やかなのと、スパイシーと
サクサクとまったりとジューシーと
色々な食感と味がいっぺんにやって来る。
自分で作っておいて、びっくり驚く。

あっ。枝豆・・・入れるの忘れたの(ー人ー)





レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パイシート 2枚

海老 9匹

[A]
パプリカパウダー 少々
白ワイン 少々
レモン汁 1/2個

刻み黄パプリカ(ワインビネガーとオリーブオイルでマリネ)1個

チャイブ 適量

青林檎 1個(半分すりおろし、半分みじん切り)
ジャガイモ 中3個
生クリーム マッシュ具合をみて適量
バター 20g
塩コショウ 適量

1
海老は背中から包丁を数ミリ程度いれ
背わたをとり洗って
水をきる

2
下処理した海老を
Aにつけて2時間くらいマリネ

3
パイシートを型で抜いて
クッキングシートをひいた
鉄板に並べ
さらにクッキングシートを
パイ用の重しをのせて焼き上げる。

4
水からジャガイモを茹で
崩れるくらいになったらジャガイモを取り出し
バター、生クリーム、塩をいれ
ジャガイモを潰しながら混ぜる

5
すりおろした青林檎とみじん切りの青林檎を
マッシュポテトにあわせる。
※青林檎は変色しやすいので少しレモン汁をかけておく

6
海老を油をひいたフライパンで焼く
白ワインをまわしかける。

7
焼いたパイの上に林檎ポテトマッシュをのせ
その上に黄色のパプリカをのせ
その上に海老
その上にチャイブ

| コメント (14) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

春のチーズ焼き。

Fp16

台風もさったことだし、
さあ。春ですね。

苦みある春野菜で目を覚まします。

その若さゆえの苦みには
ずーーーっとがまんして
熟成してきたグアンチャーレをぶつける。

P2240022

そう。新人VSベテランなのです。
若々しい春の恵みを
熟成した旨味が包み込む。
うん。とてもいいバランス。

P2240023



若い芽をつまないモットー。
料理にも。

さ、パンもどうぞ。







レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たらの芽 10個
ふきのとう 10個
グアンチャーレ(刻む) 20g
とける白い系のチーズ 適量
オリーブオイル 適量

1
たらの芽とふきのとうは
1枚皮をはがし
茶色い部分は切り捨て
水にひたす

2
耐熱皿に全部いれて
いい具合に焼く

| コメント (12) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

雲丹トースト。

Fp15


スタイリストの小野さんに連れて行ってもらった
自由が丘のイタリアンのお店、TRATTORIA CIBO

優しくてアットホームな雰囲気に反するように味がピカイチ。

何を食べても、洗練されてる。

プロってのはこういうこと!と顔面パンチをくらう。


P2240017_2



特に雲丹トースト。やばすぎ。

スモークしたバターを塗ったトーストに
大盛りの雲丹・・・。

鼻から抜ける雲丹の香に、
出て行かないでーと食い下がる。

大量の雲丹は予算的にムリなので
クセの無いカマンベールと合わせてみました。

さらに、リッチにしたくて
メープルシロップを1滴。

まあ、旨いっちゃー旨いんだけど
雲丹の良さは何処へやら・・・。(ー人ー)

 


レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食パン 3枚を縦に3等分
雲丹 予算の許す限り適量
生クリーム 大さじ2
カマンベールチーズ 4/3くらい
オリーブオイル 適量

チャイブ 適量

1
生クリームと刻んだチャイブと
刻んだカマンベールチーズと
オリーブオイルを合わせる。

2
パンを食べやすい大きさにきり
バターを塗って焼く

3
雲丹と1をパンにのせる

| コメント (12) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

小茄子とトマトとアンチョビのグリル。

Fp17

熱々の茄子とトマトのグリルです^^

茄子って加熱していると、

いきなりトロってなるが好き。

ピンと張った緊張が、いきなり緩む感じ。

その瞬間を観るのが楽しみだったりする。

マグマ的トマトとニンニクが小茄子を包む。

カリカリパン粉と旨味のアンチョビも忘れずに。

レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小茄子 6個
ミニトマト 10個
トマト缶 大さじ4
ニンニク 1かけ
アンチョビ 適量
オリーブオイル 大さじ2
塩コショウ 少々
パン粉 少々


1
茄子は縦半分に切ってから
塩水につけアクをぬき
水をきる

2
耐熱皿に材料を全部いれ
オーブンで具が柔らかくなるまで焼く。

※パン粉を入れすぎると焦げるので注意。


| コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

柚子オリーブ。

10

また、つくレポです。^^

おウチごはんとは思えぬクオリティを
次々打ちまくる、やちゃmaruさん。
彼女の柚子オリーブ、さっそく頂きました。

オリーブに柚子の皮の千切りをあわせ
少し、漬け込む。

簡単すぎるでしょ。

でも、すごい旨いのよー。
肉厚ジューシーなオリーブに
爽やかな柚子の香。
ワインでもあうし、柚子がとても和な感じで
日本酒とかもいける。

なんだかとても、いい女料理なのです。

やちゃmaruさん、ありがとうございましたー^^





レシピブログに参加中

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村



・・・・・・・・・・・・・・
オリーブ 適量
柚子の皮 適量

1
柚子の皮を千切りして
オリーブにつけておく。

| コメント (12) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »