« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ベジョータの豆腐チャンプル。

01_p4290051

また、一週間が過ぎ去ってしまった。

最近、絶賛○○中で、アレだから
ブログ更新してないのよねー
なんって言われます^^;

って、オトコができたくらいで
ブログ書かないなんて、
そんな薄情なオンナに見えますか~。
このワタクシが~。
ま。正解です。^^;

よーし。今日は、思いっきり
ブログ書いてやるうぅ。
あ、でも朝から札幌行くんだったー
とりあえず、鞄にパソコン詰めて
ヒコーキのろっと。るん。

で、機内でパソコン開いたら
新しい写真を入れてなかったんです。
そんで、Wi-Fiも家に忘れて。
パソコンもiPadも意味のない荷物。←今ココ。

02_p4290054

なもんで、今日は写真ストックから。
アップする予定ではなかったお料理をご紹介。

はい。オトコの料理です。

ツマミで買ったベジョータが2枚余っていて
豆腐チャンプルの具にされてしまいました。

豆腐一丁に対して卵も5個。
すごいでしょ。
オトコの料理って壮大だなあ。

ゆっくり焼きつけた
木綿豆腐にベジョータの旨味と
たっぷり卵。

ネギとおかかも旨かった。

オトコよ。ごち。

・・・・
豆腐 1丁
ベジョータor生ハム 2枚
卵 5個
顆粒出汁 少々
みりん 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
酒  大さじ1/2
サラダ油

鰹節 適量
青ネギ 適量

1
水切りした豆腐を5mm程度にスライス。
フライパンに多めの油をひき
中火で焼き目をつける。

2
みりん、醤油、酒、顆粒出汁を卵と合わせる。

3
焼いた豆腐にベジョータを加え
2の卵液でふわっととじる。
青ネギとおかかをちらす。
・・・・

★写真ストックから

どこにピンがあってるのか
わからないのですが
蕗の煮浸しに焼いたお揚げと
山椒の実を散らしたサラダです。
自作。

03_p4290048

ではでは。また来週〜♪

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ


| コメント (19) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

カレーうどん。

01_p4050010

どうも。どうも。
絶賛サボり気味ですが
今日はカレーうどんです。

こってり女とはいえ、
カレーうどんはお出汁がきいて
カレーが薄めなのが好きなんです。

最近、濃厚系とかクリーミーな
カレーうどんが支流なようで
お店でナカナカ出会えないんですよね。

02_p4050006

やちゃmaruさんからすごい天然出汁
金魚さんから旨そうな讃岐うどんを頂いてたので
自分で作る。

鰹と昆布出汁に
さらに、やちゃmaruさんの凄い出汁も追加。
[てら岡の天然だし]
●かつお ●いわし ●鯖   ●昆布
●椎茸  ●焼あご ●桜海老 ●帆立貝柱

すごいでしょ。

お肉とお野菜と薄めのカレー出汁に
油揚げをじゅわっとね。

ほんで、ツルツルの讃岐うどんです^^

2大スターよ。サンキューです。

04_p4050003

宮尾さんに教えてもらった
うどん屋、さかたさん風に
ハラペーニョのタバスコもそえて。

和風出汁になぜかあうのです。

03_p4050002

・・・・・・・

うどん 100g

鶏肉 50g
油揚げ(油抜きする) 1枚
人参 1/2本
長ネギ 1/3本
椎茸(スライス) 3個
青ネギ 適量

一番出汁 適量
カレー粉 適量
サラダ油 適量

1
うどんを茹でる

2
適当な大きさに切った材料を油で炒め
さらにカレー粉を加え
全体に馴染んだら、
一番出汁をあわせる。

3
うどんと2をあわせ
一煮立ちさせたら、器にもり
ネギとタバスコをふりかける。

・・・・・・・

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ


| コメント (16) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

舞茸ブロッコリーとジャコ醤のパスタ。

01_p4290055

いつもいつも知的アドバイスをくれる
予備軍様に頂いたジャコ醤が旨すぎる件。

ブロッコリーと舞茸とパスタにしましたよ。
あのね、ジャコ醤がいろんなところに
まとって旨いのなんの。

ーーーーーーーー
スパゲティ 150g
舞茸 適量
ブロッコリー 適量
ジャコ醤 適量
(無い場合はXO醤+ジャコかな)

醤油 大さじ1
だしの素 少々
海苔 適量

サラダ油 大さじ1

茹でたスパゲティと材料を
一緒に炒める。

ポイント
ブロッコリーと舞茸は
なるべく小さくすると
味がからみやすいみたい。

ーーーーーーーー

02_p4290058

きなこ、予備軍様からの頂き物を
虎視眈々と狙うのです。

あげないよー

03_kina

激ウマチャーシューパイも。

あげないよー。

予備軍様からの「福」の贈り物の次の日から
いろいろ幸運にめぐまれ。
このご利益、すごいわ。予備軍様。

★おまけ

04_bisco


休日のあさごはん。
misyaさんのビスコッティ。
うま〜。
チョコとナッツがざっくざっくなのです。
ごちそうさまでした。ぺろり。

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ


| コメント (16) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

蕗の煮浸し。

01_p4270013


そろそろ、蕗も終わりですかね。

蕗ってほんと綺麗な緑。
こんなビジュアルなのに
ちょっと土臭さもあり
ほっこりするお野菜。

蕗煮たのとか大好きなんだけど
茶色になってしまうと
少しテンションが下がる。
デザイナーって。まったく。(ー人ー)

02_p4270011_2

初めて、蕗を煮浸しにして
食べさてくれたのが
中学の友達のみっちゃん。
いい女なのよ。
こういうのさくっとできるって
いいですよね。

みっちゃん、ずっとお付き合いしてた彼と
ついにゴールインをむかえるのです。
おめでと。みっちゃん。

・・・・・

蕗 5~7本くらい
塩 適量

[A]
水 1リットル
鰹節 50g
昆布 1枚

塩 小さじ2
砂糖 小さじ1
酒 大さじ1

1
蕗に塩をふり
まな板の上でゴロゴロころがし
水で洗う。

2
沸騰したお湯に、蕗を入れて茹でる。

3
茹で上がったら、水で粗熱をとり
蕗の筋を取る。

4
Aの材料で一番出汁をとり
砂糖、酒、塩を加える。

5
保存容器に蕗を並べて
上から4の出汁を流しいれ
数時間漬込む。

・・・・・





★オマケ

余った蕗を細かく刻み
お味噌、マヨネーズと
鰹節であえる。

03_p4270015_2



★頂き物いろいろ。

週末に宅急便屋さんが
ばんばん運んでくれました。

04_p


金魚さんから
健全なおもちゃ。
シュールな絵の紙相撲。

遊んだよー。ありがとう。

05_p


大好きなmisyaさんから。
お誕生日プレゼント。
misyaさんみずから選んでいただいた
小石原焼きの器とビスコッティ♪。
何盛ろうかなあ。ワクワク。

06_p


カオリンから
アレッシーの絞り器。
かっこいいでしょー

サンキューが止まらないのです^^


レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ


| コメント (16) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

和食系ごはんもろもろ。

01_gw

いやはや。ブログでカレシができたとか
ほんとイタいこと書いちゃったのに
皆様から温かいお言葉を頂き、恐縮なのです。

崖っぷちまり子が胃袋掴んだんでしょ。
なんて言われましたが
掴まれたのはこっちの方でして。

最近、Facebookにアップしてるごはん、
ワタシ、作ってないんです。

02_gw

卵サンドが好きと言うと
天のやさんの卵サンドをくれたり。

03_gw

お野菜たっぷりの晩ご飯がでてきたり。

04_gw

穴子の白焼きがでてきたり。

05_gw

ちっちゃい玉ねぎを
バルサミコとお醤油で煮詰めたやつとか。

06_gw

気がつけば、
鯵が三枚におろされて
季節野菜と金魚さんにもらったスパイスで
ソテーされてたり。

らくちーん。

07_gw

GWは鎌倉まで遊びに行きました。
うーみー

08_gw

シラスとアボカド丼を食べたり。

09_gw

ベーコンエッグが食べてたいというと
このクオリティ。

オクラのヘタを削って
半分に割って、鎌倉野菜との付け合わせ。
恐るべしなのです。

10_gw

晩ご飯はやっぱりお野菜たっぷり。

最近、多めに野菜を食わされ
沢山歩かされ。

なんだか家畜状態なのです。

11_gw

〆。
オクラ納豆マヨ和えと
ミョウガと豆腐のお味噌汁。

「あー。お料理が勝手に出てくる。らくちーん^^」
「・・・」

39歳になった日から仲良くしてもらってます。
まじでサンキューなのです。
感謝するて素敵。

これからもお料理が楽しみなのです。
ブヒペロ。


レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

 


| コメント (16) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

ジンジャエール試作中と頂き物いろいろ。

01_p4270031

お誕生日お祝いに
kittyさんから素敵なグラスを頂きました。
てか、ずっと目をつけていて
kittyさんとデートした時に
物欲しそうな目で
あのグラス素敵よねーっと
訴えてたんでしょうね。

届きました。
やったー。

いやはや。私の物欲。
だだ漏れです。

02_p4270029

最近ジンジャエールを研究中。
最初はちょろいもんだと
たかをくくってたんですが
ぜんぜん思ったような仕上がりにならなくて。

挑戦2回目のジンジャエールです。

そんでまだまだなのですToT

03_p4270044

でもほら、このグラスに入れると
美味しそうでしょ^^

器力、おそるべし。

kittyさん、ありがとー。

・・・・

生姜 450~500g
水 1リットル
砂糖 1/2カップ
蜂蜜 大さじ1
レモン 1/2個

1
生姜を適当な大きさに切り
ミキサーで細かくする。

2
鍋に水と1の生姜を入れ
蓋をし、火にかける。
沸騰したら火を止めて、
そのまま粗熱が取れるまで放置。

3
ミキサーなどでもう一度撹拌してから
キッチンペーパーや手ぬぐいなどで
汁を絞る。

4
絞った汁を鍋にいれ
砂糖、蜂蜜、レモンを加え
火にかけて、煮詰める。

5
スプーン1杯分を液をとり
お湯で少しゆるめ
炭酸水と割る。
・・・・

★ゴールデンウィークのこと。

04_gw

連休中に、金魚さんとリューセイ君と
葉っぱさん恩田さん
遊びにきてくれました。

お料理ブロガー大集合です。
わいわいがやがや。
楽しかったのー。

05_gw

金魚さんがお祝いカクテルを作ってくれました。
さすが、元バーテンダー。
シャカシャカがめっちゃかっこよかったの。

06_gw

葉っぱさんと恩田さんの
グリルのクミン豚。
うまあああ。

07_gw

葉っぱさんに頂いたペアのマグカップ。

ワタクシ事で、テレなのですが。
か・・・カレシができました。
こんなところで発表。
オロオロ。

cafe Irisさんからも。
お誕生プレゼントで
どっさりのクロワッサン♪
これ、激ウマです。
ありがとうございます^^

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

 


| コメント (15) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

筍ごはん&筍のオイルピクルス。

01_p4220001


ゴールデンウィークにこんにちは。

2週間まえくらいでしょうか。
朝堀の筍と一緒に
師匠がいきなりやってきて
10時間の滞在後、NYへ帰ってゆきました。

02s


ってか。
筍でかっ。

03_p4220004


春の筍と向き合うのは
実は初めてで。
茹でてる途中で居眠りして
焼き筍になってしまったりしたけど
まあまあ、いい具合に仕上がって。
さあ、料理。

やっぱり筍ごはんでしょぅ。
と自信満々にFBにアップしたら
師匠から一言。「無難」。

相変わらず、お尻をたたかれます。

04_p4220006

頂いた
あけがらしと一緒に。
にこり。

・・・・・
筍ごはん

筍(水煮) 1/2本

洗い米 2カップ
水 2カップ
昆布 1枚

木の芽 適量
塩 少々

1
水に昆布をひたし、一晩おく。

2
筍を適当な大きさに切る。
昆布を取り除いた水に、塩を加えて
お米と筍を一緒に筍を炊く。

※ストウブで9分強火
その後火を止めて、9分蒸らす。

3
木の芽を混ぜ合わせる。

メモ
お米は山形のはえぬき。

・・・・・

05_p4220009

おにぎりにもしたよ。
これは整骨院の
みなさんに差し入れしました。

06_p4270020


師匠にもっと飛べと言われ
作ったのがコレ。

オイル漬けにしようか
ピクルスにしようか
まあ、そこで迷うことでもないので合体。

07_p4270027


筍は焼いてから
ちょっと和風にお醤油とオイルとお酢で
漬込みました。

08_p4270023


なんかまだ飛びきれてないんだよなあ。

・・・・・

筍のオイルピクルス。

筍(水煮) 1/2本

オリーブオイル 1/2カップ
ローズマリー 1本

[A]
ワインビネガー 1/4カップ
酒  1/4カップ
醤油 大さじ1
鷹の爪 1本
ニンニク 1片

1
筍は適当な大きさに切り
フライパンで焼き目をつけながら
余分な水分を飛ばす。

2
鍋びAの材料を入れて
少し沸騰させてから
粗熱を取っておく。

3
焼いた筍と2の調味料と
オリーブオイルを合わせて
保存容器に移し、冷蔵庫で寝かせる。
途中、かき混ぜながら
2~3日で食べごろです。

・・・・・

★最近のお仕事

Coredo


COREDO室町とCOREDO日本橋の
ゴールデンウィークのポスターです。

このお仕事で知り合った方が
実は、師匠の後輩さんで
実は、昔NYで一緒にごはんしたそうで。
世間って狭いわー。



レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

 


| コメント (9) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »