« グンジ家 in Pollock House。 | トップページ | The Paper Factory Hotel NYC »

2014年8月25日 (月)

ホイットニー美術館とブノアとか。

01_gnj01

ハンプトンから帰ってきてクタクタなのに
師匠がチキンカツを揚げてくれました。

こちらも、やっぱりワラジサイズ。
されど、とってもジューシーなのです。

02_gnj02

次の日の朝ごはんは、
グンジさんがフラッシングまで行って
チャイニーズのお粥と海老ワンタンを
買ってきてくれました。

朝からしっかり。
ここの一家は、食に妥協が一切ないのであります。

03_whitney00

さてさて。たらふく朝ごはんを食べた後は。
師匠の甥っ子さんとデートです。

21歳大学生男子と美術館デートですよ。

オトコよ。すまぬ。

04_whitney03

ホイットニー美術館に行ってきました。

アベジイおすすめの
ジェフ・クーンズ展です。

05_whitney11

かわいい子猫ちゃんがお出迎え。

06_whitney12

デカっ。                    ↑浮かれるワタクシ。

07_whitney05

どいつもこいつもデカイのです。

08_whitney07

レディメイド、ポップアートの巨匠だけあり。

09_whitney09

ラブリーでゆかいなのです。

10_whitney08

ジャクソンと猿。
もう、だんだん笑いが。

11_whitney06

こらえきれなくなって。
何を観ても
面白くて。

12_whitney02

だいたい。目がいっちゃってるし。

13_whitney10

あー。やっぱアートって楽しいなの展覧会でした。

ホイットニー美術館
JEFF KOONS: A RETROSPECTIVE

http://whitney.org/

14_benoit01

デートなんでランチもするよ。

パリの名店をアラン・デュカスが買い取った
BENOIT(ブノア)に行ってきました。

15_benoit02

キッシュがふわふわ。
これは、研究しなければ。

16_benoit03

チキンウイングかと思って頼んだら
エイヒレだった件。

これはこれで、良い経験。

18_love

この後、買い物しまくり。

夜はアベジイとマサコちゃんとごはん。

17_abesan

バケツいっぱいのムール貝とフライドポテト。

暗いでしょ。
NYのレストランはどこも暗いんですよ。
何食べてるかわからないくらい暗い。

でも不思議と旨いのです。

I  LOVE NYな一日でした。

アベジイごち。

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

コメントをいただてる皆様へ

お返事が遅れてごめんなさい。

もうちょっと待っててくださいね。

今度ゆっくりお返事しまーす。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« グンジ家 in Pollock House。 | トップページ | The Paper Factory Hotel NYC »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Mogさん、こんにちは。
わらじでジューシーなカツも、フラッシングのお粥も、次記事のベーグルも。ああ、アシアナALのお国柄のでた五色の機内食も(笑)。
本当に見事に印象的な食体験。本当にMogさんは食の申し子だなぁと思いました。

巨大化してもポップ、って凄い!と、お写真をみて思いました。
ここまで詰めていけるのか、日本の商業アート!(ニッコリ)
うふふ。巨大な子猫ちゃん(既にアイロニック...)の傍らの、女学生のようなMogさんの様子を、目を細めてみている柔らかな視線が、嬉しいお写真。
師匠とMogさんのつながりを感じます。撮ったのが大学生男子なら、隠し撮り?、これ(笑)。

あは。21歳大学生男子にとっても。師匠さんご夫妻にMogさんをプラスした時間は、とても刺激的だったと思います。人は出会いで成長するものだから。いいこと、しましたね、Mogさん。(なぜか上から、笑)

ブノア...お料理はカジュアルでも、しつらえはちょっとお澄まし。うふふ。初々しいカップルに似合いそうです。

師匠宅1泊、ハンプトン1泊、師匠宅1泊、そしてPFHで1泊。うわぁ、本当に4泊6日の弾丸ツアー!
しかし、それと思えない濃密な旅。素敵な非日常に乾杯です。
Mogさんが愛する人、Mogさんを愛する人は、あちこちでその時を待っているのね。そのことが嬉しいです。

投稿: 過労死予備群 | 2014年8月26日 (火) 11:59


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
過労死予備軍様


こんにちは。
朝からコメント返してたら
昼すぎてしまった。

ジューシーチキンカツも
次の日のお粥も、
ほんとグンジ家にはごちそうになってばかりでした。

そのお礼にとはなんなですが
甥っ子君と連れ回しましたよ。

すごいでしょ。巨大化してもポップ。うふふ。
ほんとにワクワクしながら観る美術館は
久しぶりでしたよ。楽しかったー
って、うかれてますね。ワタシ。
久しぶり若いオトコとデートだったもんでー。
お互いの携帯でお互いを撮り合う。
隠し撮りではないんですけどねー

甥っ子さんは、グンジさんと師匠が家族なだけあって
21歳とは思えないくらい
食に関してオトナでしたよ。

ブノアもフランスの古いビストロの雰囲気はそのままに。
素敵な場所でしたよー。
味はね、昔ながらの味・・・。
あれ、アラン・デュガスは・・・どこって感じでしが
美味しかったです。
たぶん、青山の方がアラン・デュガスっぽいかもです。
NYは、旧き良きものはそのまま残すんでしょうね。
勉強になりました。

あはは。
>師匠宅1泊、ハンプトン1泊、師匠宅1泊、そしてPFHで1泊。
こうして見ると、自分でもびっくり。
怒濤な弾丸ツアーでした。
最後のホテルにも、ワクワクドキドキでした。
あー楽しかった。

そうそう。アシアナ航空すごいでしょ。
お国柄がせんぜんぶれない。
行きの飛行機は、牛肉をエゴマで巻いて食べたりしました。
ぶれないわーー、韓国。

投稿: Mog | 2014年8月26日 (火) 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165483/57182292

この記事へのトラックバック一覧です: ホイットニー美術館とブノアとか。:

« グンジ家 in Pollock House。 | トップページ | The Paper Factory Hotel NYC »