« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

豊菜JIKAN_メレンゲ仕立ての小松菜のキッシュ。

01_p6070018

けっこう前ですが、
鴨川セレブのパーティにお呼ばれして
行ってまいりました。

やっぱパーリィにはキッシュじゃん。

そして、かっこつけたかったんでしょうね。
メレンゲで盛り上げようと・・・
でも出来上がり当初よりかなりしぼんでToT

02_p6070019


お料理の数がけっこうあったので
あまりモタれないように、
パイ生地はやめて、春巻きの皮で作りました。
ちょっと、ヨレちゃうのが懸念。
どなたかいい方法ありますかねー

とはいえ、小松菜とベーコン。
やっぱり相性抜群ですな。

03_p6070022


[材料]
小松菜 100g
ベーコン 80g
卵 5〜6個
生クリーム 200ml
塩 ひとつまみ

春巻きの皮 10枚
オリーブオイル 適量

[作り方]
1
春巻きの皮にオリーブオイルオイルを塗りながら
型に重ねていく。

2
230℃に温めたオーブンで10分〜15分
皮がきつね色になるまで焼く。

3
卵白を2個分ボウルに入れ、塩をして
泡立ててメレンゲを作っておく。
※黄身はとっておく。

4
テフロン加工のフライパンにベーコンをひき
脂がでてきたら、小松菜を炒める。
※油がすくないようであれば、オリーブオイルを加える。

5
しんなりしたら、卵全部と生クリームと塩を合わせたものを
流し入れ、ゆるめのスクラブエッグ状にする。

6
1の皮に5のアパレイユを入れて、上にメレンゲをのせる。
230℃に温めたオーブンで10分前後焼く。

Housaijikan

今日の小松菜は、
九州阿蘇の美味しいオーガニック野菜
「豊菜JIKAN」さんより。

美味しい恵みにごちそうさまでした。

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

+++朝暑きなこ+++

04_kinaatu

メキシコ犬のくせに暑いのが嫌い。

一番クーラーが効くところに
自分のクッションとお気に入りのパンを
運んできて寝てる。( ̄Д ̄;;


| コメント (9) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

豊菜JIKAN_夏野菜のグリル。

01_p7180001

最近、週末になるとイベント続きであります。

02_mom_2

母のお誕生会をやったり。

03_mori_n

モリのお誕生会をやったり。

04_daifuku

そして、バリキャーの
ダイフクちゃんのお別れ会もやりました。
青森に帰るというToT

お別れ会のテーマは「東京」。

東京ならではの美味しいものを考えると
・べったら漬け
・魚久グリル
・谷中生姜
他には練馬大根とか・・・
江戸前寿司は作れんし、天ぷらはむずいし
なんかイマイチピンと来なく

もんもんとしてるトコロに
豊菜JIKANさんの野菜がきました。


05_p7180003

華やかなダイフクちゃんに捧ぐ
華やかな夏野菜。
産地は阿蘇ですが
ちょっとおめかししたところが東京風
・・・すごくこじつけた。

06_p7180002



トマトとニンニクと玉ねぎでと
ビネガーでソースを作り、
野菜と一緒に焼き上げました。
元気な夏野菜を存分に味わえるよ^^

ダイフクちゃん、元気でねToT

+++++++++++++++

[材料]
茄子 
ズッキーニ
赤玉ねぎ
人参
オクラ
ベビーコーン

※各種 適量で適当な大きさにカット。

◼︎A
ミニトマト(細かくきざむ)10個
ニンニク(みじん切り)  1片
玉ねぎ(みじん切り)
オリーブオイル 大さじ4
ワインビネガー 大さじ1
塩 適量
胡椒 適量

※各種 混ぜ合わせておく。

◼︎B 焼用
塩 適量
オリーブオイルオイル
オレガノ

[作り方]

1
耐熱皿に野菜を並べ、塩をふりオレガノをのせる。
Aのソースをまわしかけ、オリーブオイルも適量かける。

※オレガノの他にお好みのハーブやスパイスを野菜ごとにかけても美味しいです。
ちなみに、茄子にはカレー粉、ズッキーニにはハーブドプロバンスをかけてます。

2
温めておいたオーブンで焼く。

+++++++++++++++


Housaijikan

今日の人参、茄子、玉ねぎは、
九州阿蘇の美味しいオーガニック野菜
「豊菜JIKAN」さんより。

美味しい恵みにごちそうさまでした。

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ



| コメント (11) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

ブルーベリー三昧。

01_p7200045

鴨川セレブの敦子さんの妹さんの智子さんから
岩手のブルーベリーを頂きました。
なんと1キロ。

今年はアタリ年だそうで
粒もしっかりして
渋みが少なく、すっきりした甘み。
もう、そのまま食べきってしまいそうな勢いです。

初日は、そのまま赤ワインのツマミ。
そして敦子さんおすすめの
凍りブルーベリーを
毎朝チャリ通の前に頬ばる日々。^^

02_p7200049

そして、やっとお料理。
まずは、パンケーキ。
フライパンの熱で溶けたブルーベリー

今度はまったりフルーティ。

03_p7200048_2

ヨーグルトと割ったラッシーも添えました。
ぐびぐびいけちゃう。

05_p7250070

カカオが強めなチョコレートと
胡桃と合わせた生チョコ風。
これも、ワインとね^^

ブルーベリー三昧、
シアワセだなあー
目も良くなった気がするぅ。

04_p7200050_2


ブルーベリー祭りを狙う一匹。
こらああー

++++++

ブルーベリーパンケーキ

[材料]
ブルーベリー 1カップ
薄力粉 1カップ
砂糖 大さじ1
牛乳 生地をみて適量

玉子 1個

サラダ油 大さじ1

メイプルシロップ お好みで適量

[作り方]
1
材料を合わせて、
サラダ油をひいて温めたフライパンで
ゆっくり両面を焼く。

2
お好みでメイプルシロップをかける。

++++++

ブルーベリーのラッシー

[材料]
ブルーベリー 1/2カップ
ヨーグルト  1/2カップ
牛乳  1/2カップ
メイプルシロップ 大さじ2

氷 適量

[作り方]
1
氷以外の材料をブレンダーで撹拌。

2
ジャーに氷を入れ、1を注ぎ入れる。

++++++

ブルーベリーと胡桃の生チョコ

[材料]
ブルーベリー 1/2カップ
ビターチョコ 80g
胡桃(煎ってあるもの) 1/3カップ
生クリーム 大さじ3

[作り方]
1
湯煎でチョコレートを溶かし
生クリームを加え、よくまぜる。

2
ブルーベリーと胡桃を和える。
トレイに平らにひいて、冷蔵庫で冷やす。

++++++

敦子さん、智子さん
ごちそうさまでした。
今度岩手ツアーに行きたいです。

智子さんの娘さんのここちゃんは
小学生とは思えないクールビューティー女子。
トマトと梅干しをあわせた
斬新なピザを教えてくれました。
もちろん、小鉢ブログでどうどうとパクりましたよ。
ここちゃん、また一緒にお料理しようねー!

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ


| コメント (9) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

Life is Delicious!夏号。

01lid_chofu_004

いやはや暑い。いきなり夏。
梅雨明けしたので、チャリ通を再開したのですが
会社に着く頃には程よくトーストされてます。

一年でもっとも苦手な季節。

ほら、寒けりゃ着ればいいけど
暑いからって脱いでも脱ぎきれないじゃん。
ちょっと太め(ちょっとね)な人間にとっては
暑さは死活問題なのです。

02_lid_chofu_002

さてさて、そんな夏を楽しむべく
Life is Delicious!夏号ができあがりました。

静かな避暑地でお気に入りのアートと友人と一緒に
ゆったりとした時間を過ごすのがテーマです。

今回は、ワタクシの同級生で
サンフランシスコでアーティストとして活躍している留美
素敵なアートを提供してもらいました。
繊細だけど、肩に力が入りすぎない、
おしゃれだけど心が和む
絶妙な作品たちです。

留美、西海岸の風をありがと。

03lid_chofu_001a

最近の撮影、お料理よりも
小道具を作る方が時間がかかっており^^;
テーブルの上の雲は
スタイリストの小野さんと
南ちゃんに作ってもらいました。かわいいでしょー。
そして、やっぱり渡辺さんの写真、素敵。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Life is Delicious! vol.9
「あの夏の思い出を隠し味に、ステキなひと時を。」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

| コメント (14) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

豊菜JIKAN_塩豚とザワークラウト。

01_p6070035

8年くらい前のお正月に
ベルリンに旅行したのですが
生ぬるいビールより驚いたのが
温かいザワークラウト。
これが美味いのなんの。

豊菜JIKANさんからキャベツが1玉届き
そして父が育てているキャベツも1玉届く。
そんなキャベツ祭りだったので
ザワークラウトに挑戦。

02_p6070036

お酢で煮ればザワークラウトになるんでしょー
っと豚肉を煮込んでいる時にググったら
お酢、使ってないんですんってー
乳酸菌の発酵でできる漬け物なんだってー
きいてないよー

ちょうど白ワインで煮込んでた
豚の煮汁があったので
キャベツに漬込んでみました。
そんで、漬け物だと知って
豚の塊を重し代わりにしてみました。

03_p6070038

にしても万国共通で
豚とキャベツは合うもんですねー。


[材料]
豚バラブロック 2kgくらい
塩 大量

[A]
白ワイン 1カップ
黒胡椒 10粒
ローリエ 2枚
ローズマリー 3本
生姜(軽くつぶす) 1片
ニンニク(軽くつぶす) 3片

[B]
キャベツ(細く切る) 1/3玉
白ワイン 1/2カップ
豚を煮た煮汁(ハーブ込み)

[作り方]
1
豚肉全体に塩をまぶし、ぴちっとシートに巻き
冷蔵庫で1日半寝かせる。

2
豚肉の余分な脂を落とすため
たっぷりの水で茹でて、茹で汁を捨てる。

3
圧力鍋に豚とAの材料を入れ15分加熱。
そのまま圧が下がるまで放置。
豚肉は取り出して、ジップロックなどに保存。

4
Bの材料を煮立たせ、キャベツにかけてラップをし
しんなりするまで放置。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Housaijikan

今日のキャベツは、
九州阿蘇の美味しいオーガニック野菜
「豊菜JIKAN」さんより。

美味しい恵みにごちそうさまでした。

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

今日はコメントお休みいたしまーす。(ー人ー)

| トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

豊菜JIKAN_チンゲンサイと桜えびのポタージュ。

01p6070023_5

九州阿蘇からチンゲンサイが届きました。
色鮮やかなライトグリーンにうっとり。
梅雨の憂鬱気分も和らぐお野菜です。

中華の定番お野菜ですが、
今回は、桜えびと一緒に
ポタージュにしてみました。

02_p6070024_2

チンゲンサイの苦みってなんだか優しい。

深緑の葉から茎へ変化する黄緑色は
強さと優しさへのグラデーションでもあったりする。

パンチがある苦みたっぷりのは葉野菜も好きだけど
こういうどっちつかずの奴もいいんだなー。

03_p6070027_2

この器は、SnapDishの清田夫妻からのプレゼント。

大正から戦前の昭和かけて作られたそうで
伝統的な藍色の風景に金を施し、
移り変わる時代のウキウキ感もステキなのです。

清田、サンキュ。

04_p6070025_2

[材料]

チンゲンサイ 2株
桜えび 大さじ1
玉ねぎ 1/2個
生クリーム 100ml
牛乳 100ml
オリーブオイル 大さじ1
塩 ひとつまみ
フライドオニオン 適量

[作り方]
1
粗みじん切りした玉ねぎをオリーブオイルで炒め
しんなりしたら、適当な大きさに切ったチンゲンサイと
桜えびを加え、さらに炒める。
軽く塩をする。

2
生クリームと牛乳を加え、一煮立ちさせたら
ブレンダーに移し撹拌。

3
お好みでフライドオニオンをトッピング。

++++週末++++

Img_0827

先週末に、金魚さん家におよばれ。
葉っぱさんと、SnapDishの清田と、同学年が勢揃い。

仕事のことやプライベートのことを
ざっくばらんに語り合う会なのでした。

てか、葉っぱちゃんにめっちゃ愚痴ちゃったーん。

We01


じつは珍しく夏日で、珍しく体の調子が凹み。
まじしんどー。早よ帰ろーって思ってたんですが
金魚さんのパワフルなおもてなしに
すっかり吹き飛ばされ、
美味しいごはんと、お酒で完全完治。

さすが、コンテストの総なめ女王の実力。

We04

念願の赤羽ツアーも満喫しました。

ここのおでん屋行ってみたかったのよー
うまかったー。

ものすごーく、飲み食いしすぎて
どやって帰ったかも薄ら覚え。

気がついたら、バスローブで布団の上でした。
もう、火サスでいう、殺人現場ね。

We02

明けて月曜日。
オフィスにゴージャスな贈り物。
尊敬してやまない
美人お料理研究家の登志子さんから。
紫黒米のシフォンケーキや
ご利益のあるお饅頭。
オフィスで一気にペロリ。

自家製の生姜漬けは毎日のお弁当に。
明太子はおにぎりにのせて。
午後から気合い一新のパワー。

ちりめん山椒はめっちゃいい香り。
おかわりデンジャラスな一品です。

心温まる贈り物に涙でありました。
登志子さん、ありがとーToT

+++++++++++++++

Housaijikan

今日のチンゲンサイと玉ねぎは
九州阿蘇の美味しいオーガニック野菜

「豊菜JIKAN」さんより。

美味しい恵みにごちそうさまでした。

レシピブログに参加中 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ

| コメント (14) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »